高配当投資法

高配当操縦法は、『配当をチェックして、永続的に高配当を実現しておる銘柄にかけて出向く操縦法』だ。 まず、こういう株価図を見て下さい。
高配当株の筆頭とも言われていた『ソトー』の株価ですが、よく見てみると配当の威光裏付けお天道様までは、好況の図になっています(ソトーは2006層3ひと月期末以降、極上配当(通年150円)がなくなりました)。
これは、株価が下がろうとした場合には、おっきい配当利息(こういうときの配当は7.5百分率)が下支えを通じて、株価が下落しにくくなっている状態です。つまり下値には指値が入りやすいということです。

…しかし、威光裏付けお天道様のあした、すなわち威光落ちお天道様(9月末、3月末)をご覧下さい。配当が多いだけにその反発は大きく、トレンドが崩れて急降下しています。ここに注目です。
一時的には凄まじく下げていますが、次の配当までには、株価が持ち直しています(3月末→9月末)。こういう株価の流れに操縦すきがあることがわかります。

よって、高配当操縦法の有益・売り時は次のようになります。

【有益テスト】
高配当操縦法の有益は、配当威光落ちお天道様付近の安価です。ここが最安値というのは、誰もわかりませんから、「下がりすぎたかな?」と感じるところで買いを含めるといういいと思います。
空間長く保有したくないヤツは、配当威光お天道様の1~2ヶ月前に買いを添えるっていいと思います。配当威光お天道様が迫ってきている結果、買いが入り易くなっています。

【売り拍子テスト】
売り時は、2つあると思います。まず1つは、配当威光お天道様までに並べることです。高配当の銘柄は下げも辛いことが多いので、ある程度キャピタルゲイン(値上げ益)を得られたら、売って仕舞うのも一案でしょうね。
もう一つは、保有し続けて高配当の利便を受け積み重ねることです。例えば、配当利息5百分率ずっと続けている銘柄は、平凡計算で20層も持っていれば配当のみで元が取れることになります(5百分率×20層=100百分率)。

このように『高配当操縦法』は、うまくやればリスクの少ない操縦法だ。ただ配当が減らされること(減配)が発表された時は、配当利息の下支えがなくなり、株価が大きく下りる懸念が存在します。銘柄チョイスは、配当利息のがたいだけでなく、偉業にも十分に注意する必要があります

キャッシング破産する人の特徴