株の手法紹介

株ビジネスで勝つためにはビジネス技量は必ず必要です。幸任せ、意志のみのビジネスでは勝つことができません。しかしひよっこの場合どのようにして技量を開発するのかわからないと思います。そこでビジネス技量展開の参考に「億上記稼いだ皆さんの売り買い技量」をまとめてみました。

今から公開する概要は、ネットで公開されていたものを自分なりの批評でやり直ししたものです。真偽は把握できたものではないのであくまで物差し並みとして下さい。

ピラミッティング技量

儲けた額を以て買い増ししていく技量だ。積み重ねていくので儲かれば何十倍にもなり短期間で大きな成果が見込める。しかし敗北も大きくなる結果損切りの徹底という銘柄選考が重要となります。

MBO,TOBを願う技量

事業タイアップなどIR広告で激しく上昇するところで買わず、増事後下落し調整したところで買い、事後実にタイアップ発表したところで売却し成果を褒めちぎる技量だ。

この手法は、広告後から実に提携する時間に少し時間があることに着目し投資する切り口だ。銘柄選考は「底値で横ばいを続けている銘柄」を選び下落したときのリスキーを軽減します。概要ピックアップが重要となります。

演算の板リーダー法

歩き値打ちから演算ビジネスを見抜き、演算のキモチを予想して投資する技量だ。演算を勘づく切り口として一般のトレーダーではありえない歩き値打ちを形成したこと演算という判断します。具体的には同一単位で取引しているなど、オートマチック動きをやるなどで見抜きます。

歩き値打ちが3400株,3400株,3400株,3400株ってキリの腹黒い買い取りをしているなどのパターン演算の可能性が高いです。世間トレーダーの場合は、1000株,1500株などキリのいい買い取りを出します。
そんなキリの乏しい注文している場合演算のビジネスであると判断します。演算という買い取り切り口は世間トレーダーには買い取りできない結果、組織トレーダーなどの現金を有するトレーダーが参戦しておる可能性が高いです。大きな増や下降を期待することができます。演算で上昇させたいのか、下降させたいのか判断し売り買い行う。
投資のメリットとデメリットを比較